コミュ障を改善!仕事や恋愛で失敗しないコミュ障の克服方法

コミュ障・人見知りで恋愛や仕事が上手いくいかないとお悩みの方にコミュ障・人見知りの改善方法を紹介します。「コミュ障あるある」体験談もまとめています。

img19

心配性であるが故の人見知り

2016/10/23

僕は高校に入学した時から今現在まで、異性に対しても、異性でなくても極度の人見知り、コミュ障を発揮してきました。
高校入学時、自分の周りには知り合いはほとんどおらず、誰もが自分のことを知らない人間なのだと認識してしまってから、かなり人見知りをするようになってしまいました。
特に異性に関しては、お互い正直に思っていることを打ち明けたりという事が無いので、相手が自分に対して何を思っているのかわからない、相手になるべく悪く思われたくない、という気持ちが沸き、その考えが余計に人見知りを激化させました。
僕自身決して暗い人間というわけではなく、お互い慣れてきて打ち解けてきた時からはかなり自分からコミュニケーションを取っています。
実際、僕が高校の頃に自分の誕生日に自分に対して最初はみんなどう思っていたのか、今はどう思っているのか、という内容が書かれたノートをもらったことがあります。
そこには、最初はいつもつまらなそう、物事を冷静に見ていそう、常に低血圧などのことが書かれていて、今現在は話してみたら予想以上に明るい、鋭いツッコミ担当などかなり自分の印象にギャップがありました。
今も自分のアルバイト先にやってくる新人さんにどのように接したらいいのか、嫌な先輩だと思われないかという事を考えてしまい、なかなか新人さんとはうまくコミュニケーションが取れていない状態です。
これらによって、仲の良い異性の友人も多くいますが、仲良くなるまでにかなりの時間を費やしてしまったりしていて、見事にこれまで異性と付き合った経験は無いという結果になっています。
今後、少しずつ改善して自分を出していけたら良いなと思います。

-コミュ障あるある体験談
-,