コミュ障を改善!仕事や恋愛で失敗しないコミュ障の克服方法

コミュ障・人見知りで恋愛や仕事が上手いくいかないとお悩みの方にコミュ障・人見知りの改善方法を紹介します。「コミュ障あるある」体験談もまとめています。

img02

チャラそうな人は怖い!

2016/10/21

大学生にもなると回りはみんな髪を染めてピアスをして、服装もなんだかチャラチャラしてきます。チャラそうにしている人がみんな怖い人ではないと頭ではわかっていてもやっぱり初対面だと怖いと思ってしまいます。私が入ったバドミントンサークルで新歓が行われたときのことです。私の隣にたまたま座ったのは髪を金色に染めた男子の先輩。異性で、しかもチャラそうな人。「ねえ!君一年生だよね?」いきなり話しかけられた私はびっくりして「ひゃい!」と返事をしてしまいました。一瞬場はしんとなり、やってしまった、と私は真っ赤になってしまいました。そこからぷちパニックになってしまい、先輩たちから聞かれたことに「う、え、あ」と返事になっていない返事しか返せず、新歓が終わるころには私の真っ赤な顔と続かない会話からタコとコミュ障をつなげて「タコミュちゃん」というなんとも不名誉なあだ名をちょうだいしました。
2年生に進級しても、3年生に進級しても、4年生に進級しても、そのあだ名は先輩から同輩、後輩にまで引き継がれ、「おいタコミュ!」「タコミュ先輩、顔赤いっすよ?ww」と大学4年間ずっと「タコミュ」というあだ名で呼ばれ続けました。この4年間で多少のコミュ力はついたと思うのですが、コミュ力が高い人たちから見るとまだ私はコミュ障の部類みたいで...。今でもサークルの同窓会では「タコミュちゃん」と呼ばれ続いています。赤面症は仕方ないにせよ私のコミュ力もっと上がれー!!!

-コミュ障あるある体験談
-,